HOME > Works

テニスコーチング研究会活動の柱

1. コーチングに関する知識を深める
2. 問題意識を共有する
3. ジュニア育成に貢献する
4. コーチネットワークを構築する


テニスコーチングセミナー

a0001_010151_m.jpgテニスを教えることは素晴らしい仕事です。しかし、人間を相手にする仕事なだけに難しい面もあります。また、テニス技術はあらゆるスポーツの中でもっとも多くの技術を習得しなければなりません。当然、それを教えるコーチはより専門的な知識を有していなければなりませんが、それを学習する場が少ないという声をよく耳にします。そこで私たちはより多くのコーチが自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。セミナーの内容は多岐にわたります。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。色々な方のご意見やご要望をいただきながら発展的に広がっていけば良いと考えています。また、このセミナーを通してコーチ同士のネットワークを広げることも目的の一つです。多くのコーチに集まっていただき、コミュニケーションを図りながらテニス界の発展のためにより良いネットワークができれば素晴らしいと思います。そんな思いを持って「テニスコーチングセミナー」を企画いたしましたので、興味のある方はぜひご参加ください。 セミナーの内容などにつきましては、トップページにアップしてある「セミナー要項」をご覧ください。

resume_01.pdf  ■resume_02.pdf  ■resume_03.pdf  ■resume_04.pdf  ■resume_05.pdf
resume_06.pdf  ■resume_07.pdf  ■resume_08.pdf  ■resume_09.pdf  ■resume_10.pdf
resume_11.pdf  ■resume_12.pdf  ■resume_13.pdf  ■resume_14.pdf  ■resume_15.pdf
resume_16.pdf  ■resume_17.pdf  ■resume_18.pdf


ジュニアの海外チャレンジを応援します!

a0001_010153_m.jpg私たちは、ジュニアの海外へのチャレンジを応援しています!遠征は一種の冒険です。頼る者のいない中で、恐怖や不安と戦いながら、すべてのことを自分でするという経験は、「感性」を磨くまたとないチャンスです。冒険のような経験を通して智恵と勇気を獲得します。また、敗戦で学ぶことは、「自分の弱さ」です。この事実を認識し、弱さの原因について考えてみることです。技術的に未熟な点、体力面での問題点、メンタル面での課題など、多くの原因が考えられるでしょう。戦術的な課題が思い浮かぶかもしれません。それらを書き出し、できるだけ早いうちに強く記憶にとどめるべきです。一流選手は、このような自己分析が明確にできます。ミスや敗因を強く記憶にとどめることで、弱点を克服する方法や次に勝つための戦術などについて質の高いイメージを持つことができます。そんな経験を多くの子どもたちに積んでもらいたい、そんな思いで子どもたちのチャレンジを応援していきます。


講師派遣

a0001_010156_m.jpg社内教育の一環としてセミナーを活用してください。より実情に即したセミナーを希望されるクラブには講師を有料で派遣いたします。レッスンの現場で問題になっている事項を取り上げ、具体的な解決策や指導法について講義をします。希望する内容と開催日時を具体的にお知らせいただければ、個々テニスクラブに合わせたオリジナルセミナーを提案、実行いたします。定期的な開催に対しても要望にお応えするように調整いたします。コーチの指導力を向上させ、コーチのやる気を高めるための機会としてぜひご活用ください。



セミナー開催会場募集

a0001_010160_m.jpgセミナーの開催に際して、会場を提供していただけるクラブを募集しています。より多くのクラブで開催することにより、セミナー開催の目的のひとつである「コーチネットワーク」がより大きな広がりを持って構築できると考えています。提供していただけるクラブはぜひご連絡をお願いします。







inserted by FC2 system