Research and Development

ラバーバンド・トレーニングビデオ

ラバーバンド・トレーニングビデオ
ラバーバンドとは幅約15cmの薄いゴム製で帯状になったもので、様々な強度のものがある。これを用いることで筋力アップやコンディショニング、それぞれの競技のスキルアップ、筋機能向上のトレーニングが行える。
このビデオでは、各競技の障害予防を目的とした小筋群(インナーマッスル)強化法とコンディショニング、スキルアップトレーニングなど幅広く紹介。


■指導■大島伸洋(トレーニング科学研究所所長) ■監修■友末亮三(財団法人スポーツ医・科学研究所)
■時間■テニス編:37分 野球編:37分 ■制作■株式会社ジャパンライムコミュニケーションズ

テニス編

テニスエルボー、テニスショルダーなどの障害に対するインナーマッスル強化法サービス、フォア、バック、下肢ムーブメントトレーニングなど各スキルアップメニューと筋機能向上トレーニング

野球編

ピッチングエルボー、ピッチングショルダーなどの障害に対するインナーマッスル強化法ピッチング、スローイング、バッティングなどの各スキルアップメニューと筋機能向上トレーニング

パワークッション

パワークッション
軽くて疲れにくい理由、それはヨネックスが開発した軽量衝撃吸収材「パワークッション」にあります。この素材解析を、バイオメカニクス、トレーニング科学、スポーツ方法学、スポーツ心理学と広くスポーツ科学に精通していらっしゃる「トレーニング科学研究所」の大島所長にお願いしました。
「パワークッション」は、一般的にシューズに用いられているクッション材のなかで衝撃吸収性に優れ、しかも高い反発性を発揮する素材であることを確認しました。通常、衝撃吸収性を高めると、反発性は落ちます。すると、着地の衝撃をやわらげることはできても、蹴りだす力まではサポートできません。これでは疲労が蓄積します。
「パワークッション」は、その点をみごとにクリアしています。衝撃を吸収することで関節や筋肉への負担を減らし、また反発することで次の蹴り出しを助ける。素材テストでも、筋肉疲労が少ないことが実証されました。一般的に、衝撃吸収性を追求するとクッション材の重量も増えますが、「パワークッション」はとても軽いので、スポーツ経験がない方でもラクに体を動かせると思います。

inserted by FC2 system